名古屋の建築設計事務所です。建築設計・監理のことは愛知県名古屋市の想設計へお任せ下さい。

住宅事例2

徳川町の家(愛知県名古屋市東区)

HPをご覧になり依頼された住宅です。
道路側の車庫を数年前に建築したところなので、そこを残したいという事で、道路からの作業幅が4mという厳しい条件の工事でした。
外観01
住宅を新築するに当たり、屋根は勾配屋根にする。玄関は1か所でよいが、生活が分かれてできるように、1階は老夫婦、2階は若夫婦家族という平面構成です。ホームシアターの設備と子供さんのピアノの練習場所にという事で、防音室を1部屋作りました。また、以前の住宅の障子を再利用しました。
外観02
内観01
施工:(有)大昭建設
竣工:2009年
内観02
内観03

新宿の家(愛知県名古屋市北区)

8人家族(老夫婦+若夫婦+子供4人)の住宅です。
外観01
車庫の建替えから始まり、外構の完成まで18カ月かかりました。 2世帯住宅ですが、玄関、台所、浴室が1か所です。木にこだわり、床は松のフローリング、栗の腰壁、和室の天井板は無垢の杉板、構造材は岐阜材を使用しています。また、以前の住宅の松丸太、差鴨居などを再利用しました。品格法構造等級は「3」です。
外観02
01
施工:オオタ建設(株)
竣工:2011年
ステンドグラス
02

寿司公(愛知県名古屋市中区)

3代目が店に入ることになり約50年経った木造住宅の店舗付き住宅を建て替えることになりました。
外観1
旧店舗は高い材料を使っているわけではないのですが、丁寧な仕事をしていた建物でした。そうした店舗の建て替えなので、外壁タイル、カウンター等こだわりのある仕事が求められました。また、旧店舗のものをいくつか使ってほしいということで、欄間と床柱の再利用をしました。看板は先代が新店舗のためにと準備されていたものを使用しました。
外観2
内観1
施工:(有)大昭建設
竣工:2007年
内観2
内観3

千種吹上の家(愛知県名古屋市千種区)

千種区吹上の家
施工:(有)大昭建設
竣工:2008年5月 
二世代住宅です。
内部に階段はなく、1、2階の行き来は、
外部階段によります。
鉄骨造なので、 ヒートブリッジに注意して
断熱材の設計を行いました。
基礎は液状化に対応する検討を行い、 
鉄骨柱のアンカーや、柱・梁の溶接に
十分注意して工事監理した住宅です。 

大野木の家(愛知県名古屋市西区)

大野木の家
施工:オオタ建設(株)
竣工:2008年6月
2年ほど前に親御さんの家を
大規模リフォームしました。
(写真左側の黒い、平屋の家)
その隣の敷地に息子さんの住宅を設計しました。
当初、旭化成の住宅で検討されていましたが、
在来木造住宅でも制震住宅が可能ということで、
品格法の構造耐震等級3「1.5」で、
制震装置を組み込んだ住宅です。 

清須土田の家(愛知県清須市)

清須土田の家
施工:坪井建築
竣工:2008年6月 
明治村の通しのパスポートを持っておられる施主の好みは、大正時代の少しノスタルジアを感じる建物でした。
家の中で子供のブランコをするスペースを作ることやステンドグラスを設置することなどの要望がありました。
外壁は荒壁を施工しその外に断熱材(外張り断熱)を施工しました。

想設計では木造を含めたすべての建物の構造計算を行っていますので、この住宅も吹抜けがありますが品格法の耐震等級3「1.5」を確保した住宅です。

【お客様の声】
よく、「家事動線を考えたプラン」などと言いますが、そのようなレベルとは全く高次元の、 私たちの生活の性格というか、好みともいうものに、ぴたっと合った設計にびっくりしています。
 片山さんから勧められたものの色、形等非常にしっくり感じられ、 新居に越した場合、何らかの違和感を感じるものなのに、と不思議にさえ感じます。
あちこちに片山さんのセンスが感じられ、さすがだな、と今更ながら感心しています。
家の外観や中の建具の美しさ、景色に、ほれぼれすることもしばしばです。
玄関ホールのステンドの裏の照明を、夜点灯した時の美しさは、思わずうれしくなってしまいました。